自助具の制作にチャレンジ



自助具はどのように作るのだろう
   各ページで紹介している自助具は、全て手作りのものです。ここでは、自助具を
実際どのように作るのかを、ホルダー付きスプーンを例に紹介します。

【ホルダー付きスプーン】
 スプーンを握れない人のためのもので、手のひらに
ホルダーを掛けて使用します。

材料・工具
 ●3mm厚アクリル板
 ●ステンレスのスプーン
 ●耐水ペーパー
 ●リベット
 ●ブラインドリベッター
 ●工業用ドライヤー

ホルダー付きスプーンを作るための材料と工具の写真

作り方
ホルダー付きスプーンを作る手順の図1  1.
対象者の手の大きさに合わせてアクリル板を
切ります(25mm×180〜190mmぐらい)。
3mmまでの厚みのアクリル板ならカッター
ナイフで切れます。
ホルダー付きスプーンを作る手順の図2 2.
切ったアクリル板の外周を、角が丸くなるよ
うに削って面とりをします。そして耐水ペー
パーや、パフという機械を使って研磨仕上げ
をします。このときしっかりと仕上げをする
と、できあがりが美しくなります。
ホルダー付きスプーンを作る手順の図3 3.
スプーンの柄のアクリル板に当たる部分を、
ハンマーで叩いて平らにします。これはアク
リル板に取り付けたときに割れるのを防ぐた
めです。
ホルダー付きスプーンを作る手順の図4 4.
スプーンの柄の平らにしたところに2ケ所穴
を開けます。2つの穴の間隔は約20mmぐら
いにします。
ホルダー付きスプーンを作る手順の図5 5.
スプーンの柄の部分を万力ではさみ、対象者
の状態に合わせてハンマーで叩いて曲げます。
ホルダー付きスプーンを作る手順の図6 6.
スプーンの柄の穴の位置に合わせてアクリル
板に2ケ所穴を開け、ブラインドリベッター
を使ってリベットでスプーンとアクリル板を
取り付けます。
ホルダー付きスプーンを作る手順の図7 7.
アクリル板の両端を、柔らかくなるまでドラ
イヤーで暖めます。
ホルダー付きスプーンを作る手順の図8 8.
対象者の手に合わせてアクリル板を曲げてで
きあがりです。このとき、アクリル板はかな
り熱くなっていますので、軍手などをはめて
曲げるようにします。

完成したホルダー付きスプーンの写真



[ 目 次 ]

office@livex.co.jp