移動の介護と福祉機器


移動の介護 カゴ付き移動用リフトを使う図
   車いすや歩行器などを使用することは、寝かせきりにしないことに
つながります。
 そのためには車いすや歩行器を操作する以前に、そこへ『乗り移り』
ができるかどうかが、大切なポイントになります。
 車いすや歩行器へ乗り移るために、ベッドや移動用リフトなどの福祉
機器を使用するとともに、からだの自然な動きを知り、安全で安楽な
『起き上がり』や『乗り移り』の方法を知ることが必要です。
 また、介護者は腰に負担がかからない姿勢と動きに常に心がけ、腰痛
を起こさないようにしましょう。
移動の介護と福祉機器
 介助用の車いすで段差解消器を使って移動しようとしている図  移動の介護では、介助者が使用するものか、本人が
使用するものかを考えて、福祉機器を選ぶ必要があり
ます。例えば、介助用の車いすならば、本人の乗り心
地はもちろんですが、介助者が使いやすいものを選ぶ
必要があります。
 本人の機能にあわせた車いすや歩行器を選ぶととも
に、段差解消器を使って部屋の中の段差をなくしたり、
廊下に手すりをつけるなどの工夫をすると、移動がし
やすく、介護の負担も軽くなるでしょう。
 また、排泄や入浴などの介護のときにも『乗り移り』がしやすいように、手すりをつけたり、
滑り止めマットを置くなど、まわりの環境を整えましょう。

ベッドでの起き上がりの介助方法 (ギャッジベッドの場合)
ギャッジベッドからの起き上がりの介助手順の図
  1.本人の両手を胸の上にくんでもらい、肩の下に手を差し入れて、上半身を手前に引きます。
2.ウエスト部分と大腿部に手を差し入れ、下半身を手前に引きます。
3.背もたれを上げ、膝を曲げます。
4.介護者の一方の腕を首の後から向こうの肩まで差し入れて、ひじで後頭部を支え他方の腕は
  向う側から膝の下に入れ、上体を起こしながら臀部を中心に、からだを回して足をベッドか
  ら降ろし、端に座らせます。

ベッドから車椅子への介助方法
ベッドから車椅子への介助手順の図
  1.車椅子をベッドの横に置き、ブレーキをかけます。
2.ベッドの端に腰かけた状態で、腕を肩に回してもらい、肩膝を足の間に入れ腰を引き付け、
  立ち上がります。
3.良い方の足を軸にして回り、膝を十分曲げて腰を落とし、ゆっくり車椅子に座らせます。

移動用リフトの選び方・使い方
    移動用リフトはベッドから車いす、車いすからトイレなどへ乗り移るために使うものです。
   体重の重いかたでも一人で乗り移りの介助を行えます。
移動用リフトのイラスト  移動用リフトの使い方の手順の図
  1.畳の上で使うときは操作性が悪いので、薄いベニヤ板をひくほうがいいでしょう。
2.キャスターは大きな車輪のものの方が操作しやすいでしょう。
3.購入する前に、家で操作ができることと、本人の乗り心地を確認しましょう。

こまわりさんの使い方
    こまわりさんは操作方法を練習し、介助者が操作できるかどうかと、
   使用時に本人のからだに痛みがないかを確かめましょう。
こまわりさんを使ってベッドから車椅子への移動手順の図
  1.移動する人が腰かけた状態から操作を始めます。
2.こまわりさんの支柱を倒し上半身をシートに乗せ、ペダルを踏みながら肩に手をあてて、
  てこの要領を使ってからだをおこします。
3.ペダルを踏んだままからだを回し、移動先へからだをむけてペダルを踏みながら、支柱をたおし、
  移し替えます。


移動の自立へ向けて
    移動の自立は生活の幅を広げ、また、自立心の向上にもつながります。
 車いす・歩行器・段差解消機(器)・杖などの福祉機器を適切に使用し、寝かせきりを
防ぎましょう。



[ 目 次 ]

office@livex.co.jp